カテゴリー
未分類

あなたへ。

こんにちは。

ブログ二日目。水原です。

このブログは日記ではないので、ただつらつらと書いていけばいいというわけにはいかないのですが、つらいつらいと言っていても始まりませんね。
現状、といいますか、私の今の病状を少し書きます。
(と言いましても、話があっちこっちすっ飛ぶかもしれません。ご容赦ください。)

私が性被害にあってから、昨日も書きましたが、35年経っています。
しかし私は、それを昔のことだとは思っていません。
悲しみや怒りや悔しさ、無力感、自責感、自分のことを汚く思う気持ち、
そういうものは、私の場合は、消えていません。
自分が悪い、自分が汚いと思ってしまいます。
それから、私が男性でありながら、男性から性暴力を受けたということで、圧倒的なマイノリティ感を感じます。
いろいろな医療機関、お医者さん、カウンセラーさん、セラピストさん、そして自助(セルフヘルプ)グループなどに足を運んできましたが、私と同じ立場の方にはついに、会うことはありませんでした。これから先はわかりませんが。

過去は変えられないとはよく言いますが、昨日の記事に付け足しのような感じになってしまいますが、
私がこのブログを書こうと思ったのは、過去の自分を救うためであり、また、いま現在苦しんでいる、過去の私のような状況に置かれて、ここを読んでくれているあなた(女性・男性問わず)の助けに少しでもなればいいと思ったからです。
だからこその「あなたを、取り戻せ」というタイトルなのです。

私もまだ、回復途上ではあるわけですが、あなたが今まさにこの瞬間に死ぬか生きるかという思いと選択をしていることを、自分の身に起こっていることのように感じます。

私は長いこと、私の苦しみを誰にも話せませんでした。どうせわかってもらえないと思っていましたし、実際その通りでした。
私はずっとひとりぼっちでしたが、あなたにそうはなって欲しくないと、思っています。

ウェブの発達した今の世の中、情報くらいいくらでも出てくるだろうと、このブログを書き始める前に検索してみましたが、ごく一部の個人ブログを除いては、政府や医療機関や警察やテレビ局や出版社が発信しているものばかりでした。(例えば「性被害 ブログ」「性暴力 ブログ」で検索しても、個人ブログは驚くほど出てきません。)

だから、というわけだけでもないのですが、私に書けることは、書けるだけ書こうと思いました。
この文章があなたのもとに届くのが一年後か十年後かもわかりませんが、
あなたと同じ思いをしている人間がここにいることを知っていただけて、少しでもあなたの助けになればいいなと思い、今日は終わらせていただきます。

また明日。

あ、それから、ちょっとしたプロフィールを書いてみました。
自分で書いてて、楽しかったところときつかったところとあるのですが、よろしければ。
水原千里、略歴。