カテゴリー
未分類

ホントは速く読みたい。

こんにちは、水原です。
今日は、先日注文した「性犯罪被害にあうということ」という本が届きました。私は、特に読むのが速い方ではないので読むこと自体は大変です。しかし精読というか、大事なところは繰り返し繰り返し覚えるまで読むし、そうでないところも、一回気持ちを込めて読めば、興味のある本なら大体のところはアタマに残ります。
だから、そうやって気持ちを込めて読んだ本は愛着があるので捨てられないし、私の部屋は、本と楽器で埋まっています。愛着というのはきっと、執着と言い換えてもよくて。だって、好きなものほど手離したくないですよね?
言葉遊びかもしれませんが、それが無くなったらすごく悲しくて悔しいことを執着、それが育ってひとり立ちしたらすごく嬉しいことを愛着、と呼ぶのかなあ、なんて思います。
パートナーの存在なんかは、どっちにも当てはまりますね。だから愛着と執着は分け難い、と書いたのですが、…できれば執着だけ捨てたいです。

私は、性暴力のことも、さんざん受けてきた酷いいじめのことも、いまだに鮮やかに夢にみます。以前書いたように、夢は夢にすぎないと割り切れるようになってからは、そんな夢をやり過ごすのも上手くなりましたが、あなたはそんな時、どうしているでしょうか。私の書いた、夢と共存する方法は、役に立っているでしょうか。
でも、あなたがもし、性暴力にあって間もない状態でしたら、そんな、共存なんてできなくて当然です。私にはその気持ちは、手に取るようにわかります。私も、同じでしたから。

何もやる気が起こらない、ただぼうっとしていると時間が過ぎていくのがすごく遅い、眠れない、起き上がれない、人にあたる、食欲がなくなる、気がつくと、涙がぼたぼた垂れている。
そういうことの全部が、よくわかります。
どうすればいいんでしょうね、ではなくて、こうしたら少しはラクになりますよ、そういうことを提示したくて私はこのブログを書いています。ただ、以前にも書きましたが、そういうことはメールマガジンにしてまとめてお送りしようと思っており、今はその準備中だということを、どうかご理解ください。

あなたが明日もなんとか、どんな形だとしても、生きていてくれることを願って止みません。生きていれば、いつかはいいことがあります。生きていれば、なんとかなることもあります。死んだら少なくとも、この生では負けです。
だから、どんなに苦しくても生きてください。性暴力だなんて、そんなゆるせないことのために死んだら、悔しいじゃないですか。私は、あなたが生きていてくれればそれだけで嬉しく思います。そういう存在がここにいることを、どうか忘れないでください。

じゃあ、また明日、
ここでお会いしましょう。

カテゴリー
未分類

PTSDについて(その3)。

(昨日の続きです。)
2点め。
・夢は、次の夢をみれば大抵上書きされて忘れてしまうことが多い。
について。
言葉通りの意味ですが、ふたつ捕捉しておきます。
1.次の夢がいい夢とは限らない。
2.とはゆえ、半年前の夢を果たして正確に覚えているだろうか?

1.について。
これは、しょうがないです。しかし次の夢も悪い夢だとしても、悪いほど上書きの度合いも高いです。
2.半年前の悪夢を時系列に沿って正確に覚えている人は、よほど正確に夢日記をつけてでもいない限りいないと思います。(ですから夢日記はオススメしていないのです。)
以上のことを踏まえれば、悪夢はそれほど怖れるべきものではありません。
私も、悪夢には一定のパターンがありますが、さすがに出揃ってきたのではないかと思っています。
PTSDが原因の場合以外にも、人はいい夢と悪い夢を繰り返しみるものだと思います。
その繰り返しを経験しながら、夢の中で感情を吐き出していくものだと思います。今だから言えるのかもしれませんが、私としては、性暴力のようなひどいトラウマを伴うべき目にあいながら、まったく嫌な夢をみない方がおかしいと思います。
そのような場合、多くは記憶が凍りついていて、何かのきっかけで一気に噴き出すのを待ち構えているのです。そして、記憶が噴き出すのが遅れれば遅れるほど、治療は困難になり、失ったものを取り返すことも、取り返したと思えるようになることも、どんどん困難になっていきます。ですから性被害にあった場合には早期治療が必要なのです。

PTSDには悪夢をみる以外にもいろいろな症状があります。
フラッシュバック、不眠、感情鈍麻、なども私は味わってきました。どれも、今になっても完全に治癒したとは言えません。薬も服用し、PTSDの症状が出るような場所や状況、環境を避けていても、起こってしまうことはあります。その時(特にフラッシュバックの場合)、自分ひとりか、事情をよくわかっている人と一緒ならいいのですが、街中や人混みの中でフラッシュバックに襲われると、どうしていいのかわからなくなる時もあります。
できるだけ急いで人のいない場所に行って頓服薬(気休めです。効いているんだかどうだかわかりません。)を飲んだり、できるだけうるさい場所に行って大声で喚いたり、したくなります。
そんな状況が怖くて、家に閉じこもりがちになることもありました。今でも、あまり積極的に外へ出たがる方ではありません。でもそれは絶対に悪いことでもなんでもないですし、ましてや私に非があるわけではないのです。そう思えるようになるには、時間がかかりました。しかし時間は常に味方をしてくれていたように私は思っています。
少しずつ、少しずつですが、私は回復の道を歩んでいると感じています。
だからあなたも、と、押し付けがましく言うつもりは毛頭ありませんが、あなたは、少なくとも絶望する必要はないんです。
ほんの少しの心から話し合える友達と、いい主治医と、回復しようという気持ちを持ち続けていられれば、だいじょうぶです。
性被害にあった年齢、状況、環境などによって回復のプロセスは違うと思います。しかし、私はひとつの回復のパターンというものを確実にモノにしました。それは近々、メールマガジンでお知らせできればと思っています。しばらくお待ちくださいね。

じゃあ、また明日。

カテゴリー
未分類

PTSDについて(その2)。

PTSDについては以前にも書きましたが、もう少し書き足したく思い、こういうタイトルの記事にしました。
PTSD、つらいですよね。特に夢でみる症状、夢に出てくる症状が、私は今はすごくつらく感じます。あなたもきっと、そうなのではないかと思います。
実際に性暴力の場面がダイレクトに夢に出てくることもあれば(実は頻度としてはそれほど多くはないのですが)、私に暴力を振るってきた奴ら、私が負い目を持っている人たち(具体的に言っちゃいますと、大学にいた頃の指導教授や、高校時代の担任の先生や友人知人などです)、が夢に出てきて、夢の中でも私に暴力を振るってくることは、今でも日常のことです。
私も夢の中で抵抗しようとするのですが、実際には抵抗できない、抵抗しても効果がない、という場合がほとんどです。いや、抵抗しようとするならまだマシな方で、夢の中とは言え、身体が凍りついたように動かなくなり、ただされるがままになっていることも多いです。苦しくて、苦しくて、もうダメだ!、と思ったところで強引に目を覚まします。パジャマは汗でぐっしょり濡れています。涙がぼたぼた垂れています。息が上がっています。それが日常だって、考えるだけでもすごく嫌ですよね…。

でも最近は、少し考え方を変えて、少しだけPTSDの夢の症状に対抗できるようになってきました。本当にささやかなことではあるんですが、書いておきます。
それは、「夢は、夢にすぎない」ということを自覚する、というか、自分に思い込ませることです。なーんだ、とあなたは思うかもしれませんが、こう思えるようになるまで私は、何年も何年もかかりました。ポイントを箇条書きにしてみようと思います。
・夢は夢で、現実ではない。
・夢は、次の夢をみれば大抵上書きされて忘れてしまうことが多い。
すごくまとめてしまうと、上記2点に凝縮されます。
もう少し詳しく書きましょうか。

まず1点め。
・夢は夢で、現実ではない。
夢占いや予知夢などの類いに興味のある方の思いをぶち壊すようで申し訳ありませんが、夢にうなされることがPTSDが原因で多いのならば、夢は現実とは何の関係もない、と、割り切る方がいいと思います。もちろん、現実の経験が夢に影響を与えているわけですから、何の関係もないというのは少し言い過ぎかもしれませんが、「今つらい夢をみているあなた」と「明日から先を生きていくあなた」の間には、何の関係もありません。今つらい夢をみたからと言って、そのことと、明日がつらい日になるかならないかには、絶対に何の関係もないのです。だから「夢はただの夢だ!」と割り切って、もしつらい夢でうなされて目が覚めてしまった時は、とにかく少し動いて、アタマを働かせるといいです。夜中だろうが明け方だろうが関係なく、少しベッドを出て、好きな飲みものを一杯飲むもよし、雨が降っていなければ散歩に行くもよしです。

夢とは別のことを考えましょう。いや、考えてください。人間の脳は不思議なもので、余計なことを覚えていると同時に、忘れっぽくもあります。特に夢に関しては、身体かアタマのどちらか片方(両方でもいいですが)を動かすとかなりそのイメージは忘れられます。アタマを使う運動とか(サッカーとかいいと思うんですが)、できれば最高なんですが、目が覚めたのが真夜中だったら、いきなり11人×2チームぶん人数を集めてグラウンドを押さえるのはなんとも大変です。と言いますか、おおざっぱですみませんが、あなたの気分転換ができるならなんでもいいのです。あなたの性格次第で、気分転換に最適なことは違うと思います。目が覚めた時にすぐできて、気分転換になることを、いくつかストックしておくといいと思います。さっきも書きましたように、飲みものを飲む、散歩に行く、の他にも、料理をする、マンガを読む、アタマを使うゲームをする、何か食べちゃう、など、私自身の場合でも色々考えつきます。少し気分転換できたら、もう一度眠るもよし、もしまた嫌な夢をみるのが怖いならそのまま起きていてもよしです。

はー。もっと簡潔に書くつもりだったんですが、力が入りすぎましたね。1点めを書くだけでここまで疲れるとは。あ、だから付け加えますが、夢日記をつけるとかは絶対オススメしません!

2点めについては、また明日ということで。
ではではー。